蓄尿と排尿の仕組み

蓄尿と排尿の仕組み

体内で尿を作り、尿を蓄えて、体外に出すための器官を泌尿器と呼んでいます。
泌尿器には、腎臓・尿管・膀胱・尿道などの器官があります。

腎臓は尿を作り、尿管を通って尿が膀胱へ運ばれ、膀胱で尿を蓄え、尿道を通って体外に排出されます。

腎臓

腎臓は、尿を作る器官です。
人間の体内には、腰の辺りの背骨を挟んで左右に2個あります。
大きさは握りこぶし程度で、空豆のような形をしています。

腎臓は、血液の成分や量のバランスを保つ役割をしているため、大量の血液が送り込まれます。
腎臓は血液をろ過して、必要な水分や塩分、ブドウ糖やアミノ酸などを吸収し、余分な水分や塩分は尿として仕分けされます。

尿管

腎臓で作り出された尿は、尿管へ流れていきます。
尿管は平滑筋という筋肉で作られていて、蠕動運動(伸び縮み)を繰り返しています。
蠕動運動と重力によって、尿は膀胱へ運ばれます。

膀胱

膀胱は、尿管から流れてきた尿を蓄える器官。
袋のような形をしていて、内側は水を通さない粘膜で覆われています。
外側は、排尿筋という筋肉に囲まれています。

膀胱には、300~500ミリリットルの尿を溜めることが可能。
しかし、トイレを我慢をすると大きな負担がかかるため、排尿筋や腎臓に障害が起きてしまいます。
そのため、トイレを我慢することは絶対に止めましょう。

尿道

尿道は、膀胱に溜まった尿を体外に排出するための管。
男性の場合、尿道の長さは20~25センチ。
女性の場合は、3~5センチととても短くなっています。

また、尿道は尿道括約筋があり、この筋肉が栓(バルブ)の役割をしています。
尿を出さない時は尿道括約筋が締まっていて、排尿時には自分の意思で開き、尿が出るようになります。
排尿中でも自分の意思で尿道括約筋に力を入れれば、尿を止めることができます。