排尿筋と括約筋

排尿筋と括約筋

尿が体外へ出て行くためには、排尿筋(膀胱の筋肉)と括約筋(尿道の筋肉)が連携して働いています。

尿が溜まっている時は、排尿筋は緩み、括約筋が締まっています。
尿が溜まれば溜まるほど、括約筋が締まるので、尿が漏れることを防いでいます。

尿を出そうとする時は、括約筋が一気に緩んで尿道を開きます。
それと同時に、排尿筋が縮んでいきます。

このように、正反対の動きをする2つの筋肉によって、毎日当たり前のようにやっている尿を溜めたり出したりする行為が支えられているのです。

排尿時の脳の働き

膀胱に尿が100~200ミリリットル溜まると、その信号は膀胱の神経から脊髄を通って脳に伝わります。
この信号が伝わることで、尿意をもよおす仕組みになっています。

しかし、信号が脳に伝わったとしても、しばらくの間はトイレへ行くことを我慢することができます。
これは、今は尿を出してはいけない、という脳からの命令を膀胱が受けているからです。

トイレへ行って、尿を出そうと思うと、脳から出しても良いという信号が尿道や膀胱の神経へ伝わります。
すると、括約筋が緩み、排尿筋が収縮して、尿が排出されます。